« 南三陸町、未希の家、民宿 | Main | 不動明王、故郷の裏山 、恐さと優しさも見えて、 »

July 07, 2014

樺太、サハリン、銀河鉄道

最近、私の友人の娘さん夫婦が、サハリン(樺太)に転勤され、サハリンのことが、少し知りたくなった。

南樺太は、1905年日露戦争の後~1945年終戦まで日本が領有していた場所で、ユジノサハリンスクは人口20万人で、昔、"豊原"と呼ばれていた街。

稚内から5月~9月はフェリーが出て、5時間半で、コルサコフ(昔の名前、"大泊")と結んでいるらしい。成田から飛行機なら2時間でユジノサハリンスクへ。

1923年、宮沢賢治は、サハリンの鉄道で、樺太を北上し、銀河鉄道の詩を着想したと云われる。

私も、銀河鉄道の疑似体験の旅に、出かけてみたくなる場所である。

サハリンを知る縁に、心が踊る。

(2014年7月4日朝の記)


|

« 南三陸町、未希の家、民宿 | Main | 不動明王、故郷の裏山 、恐さと優しさも見えて、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 南三陸町、未希の家、民宿 | Main | 不動明王、故郷の裏山 、恐さと優しさも見えて、 »