« 部分を見たり、全体を見たり、 | Main | 別人のように優しくなっていたお父さん、 »

June 17, 2014

懺悔と歓喜、懺悔が歓喜に変るとき、

懺悔は、自分を客観的に見る力が無ければできないと、住職は云う。

人間の逃れられない三毒、即ち、貪・瞋・癡(とん・じん・ち):貪り・怒り・愚痴が、懺悔の材料。

懺悔をして、心が、暗いところへ行ったのでは、真の懺悔ではない。

本当の懺悔をすれば、神の懐に飛び込むことができる。

それは、小さい子供が母に甘えるように、神へ甘えるような気持になると云う。ごめんなさい、ごめんなさいと、泣きながら、全てを委ねてしまう。それを、神は全て受け留める。やがて、大きな安心が覆う。

そして、懺悔は、遂に歓喜となる。宇宙の本質・無我・自己犠牲の覚悟ができる。

修行者には、そのような懺悔ができるか、どうかが問われている。

|

« 部分を見たり、全体を見たり、 | Main | 別人のように優しくなっていたお父さん、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 部分を見たり、全体を見たり、 | Main | 別人のように優しくなっていたお父さん、 »