« 懺悔と歓喜、懺悔が歓喜に変るとき、 | Main | 今の輝き、 »

June 18, 2014

別人のように優しくなっていたお父さん、

昨日、朝、通勤途上、道で、優しいお父さんの声が、「ゆうな」、「ゆうな」 と、そばでしゃがみ込んで、寄り道しているちっちゃな女の子に呼びかけている声がした。

女の子は、道端の小さな花を触ったり、拾った石ころの匂いを嗅いだり、まるで子犬の様に、自由に、お父さんのそばで、遊びながら駅方面に歩いていた。

お父さんの顔を見ると、先日(6月2日)、パニックで泣きじゃくる女の子を、恐い顔で叱りつけていたお父さんだった。
私は、その女の子の、痙攣するような余りの泣き方の激しさに、たまらず、お父さんに近づいて、もう、何も云わず、抱きしめてやってくださいと、通行人なのに、アドバイスをした、そのお父さんだった。

昨日は、あの優しい、「ゆうな」、「ゆうな」、「早く来なさい」 と、優しく呼びかける声は、仲のいい、親子そのものの安らぎの光景だった。

その親子は、私には、気づかなかったが、私は、胸がジーンと熱くなった。

何にも増して、私の心は、清々しく、和んだ出来事だった。

|

« 懺悔と歓喜、懺悔が歓喜に変るとき、 | Main | 今の輝き、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 懺悔と歓喜、懺悔が歓喜に変るとき、 | Main | 今の輝き、 »