« 今の輝き、 | Main | テイクナット・ハーン、ベトナムの禅僧の書籍、 »

June 20, 2014

神を感じること、うずきにも似て、

先日、4日連続で住職にお会いした時、4日目の坐禅会の時、住職から、神に対して、どのように感じていますか? と質問された。

私は、咄嗟に、戸惑いながら、漠然と、"宇宙、虚空世界の様なもの"を感じますと答えた。

すると、住職は、神を想って、うずきませんか? と云われた。

神は、即ち"自己犠牲"、その苦しみの姿を想うと、うずきが生ずることが、何となくわかった。

キリストの十字架の苦しみの姿、両親が私のために苦しんで来た人生の姿を想った。

私は、普段、そのような気持ちは忘れて、知らないままで生きている。

色々な自己犠牲が、今の私を生かせているのに。

神を感じることは、うずきを感じることに似ていることを初めて知った。


|

« 今の輝き、 | Main | テイクナット・ハーン、ベトナムの禅僧の書籍、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今の輝き、 | Main | テイクナット・ハーン、ベトナムの禅僧の書籍、 »