« 神を感じること、うずきにも似て、 | Main | 無我から観れば、生老病死も百花繚乱、 »

June 21, 2014

テイクナット・ハーン、ベトナムの禅僧の書籍、

先日、住職に、テイクナット・ハーンの著書、"死もなく、怖れもなく"(春秋社)を、紹介され、読んでみた。

テイクナット・ハーンの名前や、いくつかの言葉は、聴いたことはあったが、彼が、住職の師の師、原田祖岳老師の米国人の弟子カプロさんと、禅の繋がりがあったことを、最近、住職から聴いて初めて知った。

書籍には、ヴィヴェーカナンダの表現力に劣らないくらいの禅の思想が、散りばめられていた。

「無常は、私たちが変容し、癒され、解放される為の道具である。一粒のトウモロコシも無常でなければ、トウモロコシの茎はできない。トウモロコシの茎が無常でなければ、私たちが食べるトウモロコシの穂はできない、貴方の娘が無常でなければ、成長して女性になれない」

「愛は、無常と共に、生きのびる」。

「誕生の瞬間は、貴方の継続の日に過ぎない。」「生も死も、永遠の変容」。

シェークスピアは、「生きるか、死ぬか、それが問題だ」と云った。仏陀なら、「生きるか死ぬか、それは問題ではない」と云っただろうと、"生ぜず滅せず"の世界を、色々な言葉で説いている。

道元禅師、白隠禅師、ヴィヴェーカナンダ、テクナット・ハーンと、色々な言葉で、頂きを眺める。

|

« 神を感じること、うずきにも似て、 | Main | 無我から観れば、生老病死も百花繚乱、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 神を感じること、うずきにも似て、 | Main | 無我から観れば、生老病死も百花繚乱、 »