« 世界史の中に、 | Main | 神と人間を行ったり来たり、 »

June 14, 2014

うなだれ、今にも気絶しそうな、死刑囚の母の写真、イラン

今年4月中旬のことだったと云う。イランで公開処刑の直前の刑場で、観衆の最前列で、うなだれて立ちあがれない、処刑される囚人の母親の写真を、昨日、インターネットで見た。

喧嘩相手の男性を殺した囚人は、怯えた様子で、刑場で、黒い目隠しをされ、絞首台にかけられる直前、被害者の母親は、群衆に向かって語りかけた。

母親は、殺された息子のことを思ってどんなに苦しかったかを語った。また、最近、殺された息子が、夢に現れ、あの世で、安らいでいると云う夢を見たと。

さまざまな心の葛藤を経た上で、被害者の両親は、処刑の直前、その囚人を赦し、処刑は中止された。

被害者の母親は、囚人を、平手打ちして、両親で、囚人の首からロープを外した。

うなだれて気絶しそうだった囚人の母が、赦してくれた被害者の母を、泣きながら、抱きしめる姿の写真もあった。

もう、言葉は,何も要らない。

万巻の経典にもまして、多くの感動と学びを与えてくれるシーンでもあった。

http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2014/04/18iran/


|

« 世界史の中に、 | Main | 神と人間を行ったり来たり、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 世界史の中に、 | Main | 神と人間を行ったり来たり、 »