« 慈悲と祝福を、 | Main | 午前と午後、別人のような気分の発見、 »

May 07, 2014

連休の終わり、自分の現在地を想う、

5月4日からの連休の小さな旅を終え、昨日午後、横浜の自宅へ帰って来た。伊豆高原の友人の山小屋、そして、小田原の妹の家。

日頃、ゆっくり話せていない人との交流は、不図、自分の生き方を、浮き出させてくれる。

また、穏やかな自然の光景の中での語らいは、まるで、自分の人生を他人事のようにも、鑑賞できる。

自宅へ帰って来てから、夕方、近所の岸根公園と云う、池や橋のある静かな公園に行ってみたくなり、ベンチに座り、夕暮れの公園の光景の中に佇んだ。

池の周りにはフナ釣りの人がいて、お祖母ちゃんに連れられて自転車の練習をしている男の子、ミニアチャーダックスフントを連れて散歩する女の人、誰もいない滑り台、砂場、沢山の木々の緑。

これから、ちょっと、生き方も微調整。人は、常に、流れる川のように、瞬間瞬間、一つとして、同じようには流れてはいない。微かな変化を起しながら、サラサラと流れて行く。それが瑞々しい生命の営み。

大自然に溶け込みながら、瑞々しく、生きて行きたい。


|

« 慈悲と祝福を、 | Main | 午前と午後、別人のような気分の発見、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 慈悲と祝福を、 | Main | 午前と午後、別人のような気分の発見、 »