« "母 ロス" と云う症状の話、 | Main | 真っ黒な世界、真っ白な世界、 »

May 11, 2014

十字架の意味、

子供を交通事故で亡くされたご夫婦が、天上界の仏像には手を合せられず、十字架のイエスキリストの前には、自然と手を合せられたと云う話を、昨日、住職から聴いた。

キリストは苦難に満ちた無間地獄の中におられる。一切の救済の為に、私は無間地獄の中へ行きますと。

正しい人を招く為ではなく、罪人を招く為に、身代わりに、無間地獄へ行きますと、マルコ伝に書かれていることを、知った。

十字架の苦しみの中の悲惨な姿のキリストに、何がお願いできようか?、天上界の安らぎの中にいらっしゃる仏さまの姿には、お願いできても、十字架に処せられたキリストの無残な姿に、何がお願いできようか?

住職は云う。自分の中のイエスキリストに気づいて下さいと。それが菩提心ですと。

神に対する過ちは、神ご自身しか、あがなうことはできない。神、即ち、一切が私であると、菩提心を理解した人でないと、神に許しを請う力がありませんと。

何か恩恵にあづかったとしたら、それは貴方の善行の報いではありません。キリストの十字架のあがないの故ですとも、おっしゃった。

十字架のキリストの姿を想い出す。今日は母の日。


|

« "母 ロス" と云う症状の話、 | Main | 真っ黒な世界、真っ白な世界、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "母 ロス" と云う症状の話、 | Main | 真っ黒な世界、真っ白な世界、 »