« 永遠を垣間見る、 | Main | 虚空世界の安らぎに委ねる、 »

April 21, 2014

心と身体なら名利しだい、魂にとっては名利は無意味、

自由で永遠の安らぎを求めて、その方法がわからず、人は、とり合えず、名利を求める。

名利は、ある程度、心と身体を満足させてくれるが、魂(仏性)にとっては、名利とは無価値の、意味の無い存在。

心と身体は云わば"波"、魂(仏性)は"大海"、魂は五感六識を越えたもの。

掴んだものは消える。所有(執着)は、いずれ苦しみとなって返って来る。魂の世界に所有(執着)はない。

魂の世界は、一切の世界。無我の世界。 所有(執着)する必要のない世界。

「掴んだものは消える、掴まなければ無尽蔵」、先日の住職の言葉。

|

« 永遠を垣間見る、 | Main | 虚空世界の安らぎに委ねる、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 永遠を垣間見る、 | Main | 虚空世界の安らぎに委ねる、 »