« 法然上人と道元禅師に囲まれて、東京・愛宕 | Main | 宮沢賢治Day、釈迦生誕祭、 »

April 06, 2014

外の世界を必要としない境地、

「桜の花を見なくても、心の中に桜が残せるか?」、 心の中に絢爛たる桜がいつでも浮かべることのできる人は、もはや、外の世界を必要としない。

生命は、種子から種子へ帰る、そしてまた種子へ。種子に帰るとは、途中に如何なる矛盾があっても、必ず行き着くところ。途中は問題無い。途中は遊戯三昧。生まれてもいない、死んでもいない世界がある。それが"永遠"。

昨日の住職の言葉。

一瞬の中にも永遠が宿る。

時は丁度、夕方、5時くらい。西日が差す、区民会館の部屋の窓の方を見ると、オレンジ色に夕日を感じた。初めて、夕日が朝日に想えた。 夕日に寂しさはなく、夕日が、丸っきり、朝日のような清々しさに感じられた。どこからでも、いつも、いつも始まる人生がある。

|

« 法然上人と道元禅師に囲まれて、東京・愛宕 | Main | 宮沢賢治Day、釈迦生誕祭、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 法然上人と道元禅師に囲まれて、東京・愛宕 | Main | 宮沢賢治Day、釈迦生誕祭、 »