« 心と身体なら名利しだい、魂にとっては名利は無意味、 | Main | 20年後とかから見る今の自分の神秘性、 »

April 22, 2014

虚空世界の安らぎに委ねる、

浄土真宗の"南無阿弥陀仏"の響きは、子供時代から耳に馴染んでいたが、その意味を初めて知った。

"あみた"はサンスクリット語で、"無量寿・無量光"、計り知れない広大な光、広大な寿命。

"南無"は、帰依すること、委ねること。

"仏"は、真理世界から生み出される働き。即ち、智恵と慈悲。智恵とは一切を見透す力。慈悲とは矛盾を統一する力、自己犠牲の力。

"阿弥陀様"とか、何か人格をイメージして唱えるのでは無い。

虚空世界の安らぎを唱える言葉であった。

全ての存在は、虚空から来て、また虚空世界へ返る。

子供時代に、祖父や祖母が唱えていたお経は、そんな意味だったことは、人生に於ける凄い発見だった。

|

« 心と身体なら名利しだい、魂にとっては名利は無意味、 | Main | 20年後とかから見る今の自分の神秘性、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 心と身体なら名利しだい、魂にとっては名利は無意味、 | Main | 20年後とかから見る今の自分の神秘性、 »