« 宮沢賢治Day、釈迦生誕祭、 | Main | 安らぎに繋がる行動か、否か、 »

April 08, 2014

縁、自他不二、無我、そして生死解決へ、

縁は、大きな蜘蛛の巣を揺らした時、全てが揺れることにも似ている。

自分だけの単独の存在はありえず、自他は不二、自他一如である。真理は、無我の世界。

他がある世界は、自と他が区別されているから、即ち惑わしの世界、執着(分別)の世界。

"死を恐れることは、他との別れを恐れること"、他が無ければ、もはや恐れるものは無い。大安心の世界。

人生の修行は、波のように立ちあがったり、崩れたり、繰り返しながら、やがて波は大海であったことを知って行く過程。

縁を深く感じることは、即ち、他が消えて行く世界、即ち、生死(しょうじ)を超越して行く道。

先週の住職の法話に触発されて。 お釈迦さま誕生の日に。


|

« 宮沢賢治Day、釈迦生誕祭、 | Main | 安らぎに繋がる行動か、否か、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 宮沢賢治Day、釈迦生誕祭、 | Main | 安らぎに繋がる行動か、否か、 »