« "立ちあがれ、目覚めよ"、Swami Vivekananda の檄文、 | Main | 「私はどうなってもいい」と云う仏性、震災の日生まれた赤ちゃん、 »

March 14, 2014

ヒットラーを止めること、これは仏性、 戦争と平和

大勢の人が虐殺されて行くならば、人の心は、それを傍観者として放置出来ない。

ヒットラーが肉親であれば、ヒットラーを殺さずに、大量に殺されて行く他人を放置出来るだろうか?

大勢の人を救うためには、たとえ肉親であっても、戦わねばならない時がある。

人が悪魔の本性を現した時(ヒットラーになった時)、肉親でも戦わねばならない時もある。

人には仏性があると同時に、悪魔の部分も同居している。

あらゆる人には仏性が備わっているが、その仏性が、悪魔の特性に厚く覆われてしまっている時、ヒットラーの様な現象を表す。

そんな悪魔の現象を体現した行為に対しては、仏性は、身を挺して戦うと想う。

こんなことに、気づかせてくれたのが、インドの古代の聖典 "Bhagavad Gita "である。

|

« "立ちあがれ、目覚めよ"、Swami Vivekananda の檄文、 | Main | 「私はどうなってもいい」と云う仏性、震災の日生まれた赤ちゃん、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "立ちあがれ、目覚めよ"、Swami Vivekananda の檄文、 | Main | 「私はどうなってもいい」と云う仏性、震災の日生まれた赤ちゃん、 »