« 横田早紀江さんの笑顔、 | Main | 94歳助産婦さんとの再会、 »

March 19, 2014

徹底的な無常観に打たれて、

今日は、住職が約50年前に高校卒業後すぐ、奈良の寺に出家された日。

幼少の頃の母との別れと云う徹底的な無常観に打たれて、若くして出家の道へ入られた日。

徹底的な無常観に導かれて、ここまで来られた。

無常観は、"どちらに転んでも好いと云う世界"を求めさせたと、住職はおっしゃる。条件付きの幸せでは駄目だと。

そして、あったんです。そんな世界があったんですと、力強くおっしゃる。

永遠にして、安らいでいる世界の光景を、仏法や、ヴェーダンダ哲学の言葉を交えながら、住職は、いつも語って下さる。

今日は、住職が出家された、奈良の慶田寺の光景を想う。

|

« 横田早紀江さんの笑顔、 | Main | 94歳助産婦さんとの再会、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 横田早紀江さんの笑顔、 | Main | 94歳助産婦さんとの再会、 »