« "自由と安らぎ"を求めて、その手段とは? | Main | "風の電話"、岩手県・大槌町、 »

March 03, 2014

それぞれの朝、それぞれの夕暮れ、

色々な生命が、自分の知らないところで、幸せに、あるいは一所懸命に生きてる姿を想うことは、安らぎに繋がる。

自分には見ない微生物、深海の生物、森の奥の動物、嫌いな虫でさえも。

知らない人も、もう会えないかも知れない人も。

自分の五感で感じられる範囲は、余りにも狭い。

自分が、それぞれの生命の幸せを、自分の目で確認することはできない。

それぞれの、朝が来て、それぞれの夕暮れ、眠りに就き、また朝を迎えている。それが同じであることは、みんな一緒に生きていること。

|

« "自由と安らぎ"を求めて、その手段とは? | Main | "風の電話"、岩手県・大槌町、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "自由と安らぎ"を求めて、その手段とは? | Main | "風の電話"、岩手県・大槌町、 »