« 94歳助産婦さんとの再会、 | Main | 卒業式、入学式、ピカピカの一年生、桜の頃、 »

March 21, 2014

一言経典、"観光""Delight""Present"、

観光は、光を観ること、と考えて試ると、凄い言葉だと気づく。目で見える外界の事物に、その背後の光(神の館)を観ること。素晴らしい景色、情景に人は感動する。また、それを、光の姿、"光景"とも云う。

観光は、光を観ること、それは感動、生きている歓び、親から貰った命への感謝、延いては神への感謝、宇宙への感謝。

"Delight"は"歓び"の意味。英語で"De"と云う接頭語は、"脱"とか"否定"の意味を持つから、"Delight"とは、光が無い世界とも解釈され、何故Delightが歓びと云う意味か、私は長年の疑問だった。そして、禅の思想を学んで、凄い表現であろうと云う、自分なりの解釈に最近、到達した。「闇があるから光がある。光の中では、もう光は無い」、これは、住職に何度も聴いて来た言葉。 光の中では、もう光は消える、即ち、永遠にして安らいでいる世界であることと結び付いた。

"Present"は、"現在"と云う意味と、"贈り物"と云う意味がある。"今"が"贈り物"と想えば凄い言葉。まさに禅の"今ここ"を連想する。

観光・光景、Delight、Present、短い言葉でも、万巻の経典のような教えを感じる。

|

« 94歳助産婦さんとの再会、 | Main | 卒業式、入学式、ピカピカの一年生、桜の頃、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 94歳助産婦さんとの再会、 | Main | 卒業式、入学式、ピカピカの一年生、桜の頃、 »