« 若さは地獄だったかも知れない、 | Main | 横浜中華街・春節 、そして浦賀水道を行き交う船 »

February 12, 2014

沈黙の時間にも意志疎通が出来る安らぎ、

久しぶりに話す兄弟・姉妹・娘・親友などと話す時の安らぎ、また亡くなった両親も、心の中で会話する時の安らぎ。

色々な人間関係の中でも、沈黙の期間や時間が気にならなく、いつでも心が通じている人間関係があることは人生の幸せを決める。

沈黙の時間でさえも、安らぎのエネルギーがいっぱい漂っている様に感じる。

一人で、寂しそうに見えても、それは、見る人の心の寂しさ。

心が通じていれば、寂しさは無い。

そんな、人間関係を築けるかがどうかが、大事な生き方だと想う。

自他一如の世界の安らぎを想う。


|

« 若さは地獄だったかも知れない、 | Main | 横浜中華街・春節 、そして浦賀水道を行き交う船 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 若さは地獄だったかも知れない、 | Main | 横浜中華街・春節 、そして浦賀水道を行き交う船 »