« 食は医力、 | Main | 理想主義、現実主義の狭間で考えること、 »

February 17, 2014

幼児の「おじちゃん、バイバイ」、伸び伸びと生きるとは、

昨日、東横線の電車の中で、母親と幼児3歳くらいの女の子。座席に後ろ向きに座り、外の景色をキョロキョロ、そして、電車の駅では、ホームにいる知らないおじさんに対しても、「おじちゃん、バイバイ」と、声をかけている様子が、何とも愛苦しかった。

私が、声をかけられた知らないおじさんの方だったら、どんなに、また嬉しい気分になるだろうと想像した。

「おじちゃん、バイバイ」、初めて出遭って、親しみを込めて、「おじちゃん」と声をかけて、そして「バイバイ」。ただそれだけのことなのに、どんなにか、一日が和むことかと想う。幼児にしてみれば、好奇心一杯の外界に見える人間に対する親しみの表現。

「バイバイ」は、別れの言葉なのに、何て、前向きな、出遭いの歓びの言葉に響くのだろうかと驚いた。出遭ったことの歓びが圧倒的に大きくて、「バイバイ」の響きには、別れの哀しみが無い。

また遭えれば、それは凄いけど、もう遭えなくても、その出遭いだけで、十分過ぎる幸せ。出遭いの歓びを想い出せば、もうそれだけで圧倒されるならば、別れに哀しみの痕跡が消えて行く。

幼児の「おじちゃん、バイバイ」の声に、出遭いの幸せを学ぶ。

|

« 食は医力、 | Main | 理想主義、現実主義の狭間で考えること、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 食は医力、 | Main | 理想主義、現実主義の狭間で考えること、 »