« 幼児の「おじちゃん、バイバイ」、伸び伸びと生きるとは、 | Main | 憧れの道、祈りの道、圧倒的な光に包まれて、 »

February 18, 2014

理想主義、現実主義の狭間で考えること、

経済的に豊かな人、精神的にも余裕がある人には、滑稽な程、理想主義者が多いように感じる。

経済的にも、精神的にも余裕の無い人には、現実主義者が多いように感じる。 大勢の人が、現実主義者だと想う。

政治家ともなれば、理想主義過ぎてもトンチンカンで迷惑な話、現実主義過ぎてもギシギスし過ぎて迷惑な話。

それでも、そんな理想主義者や現実主義者達を、毛嫌いして、遠避けなくても好い方法を、私は考え出した。

それは、そんな人達を、幼児だと想うと、話を聴いてやることも出来る。 また、その人達をおサルさんだと想うと、エライなーと、関心することも出来る。

そうやって、偏った理想主義者も、偏った現実主義者も、適度に関わっても、気にならなくなる。

そして、一方、中道の、成熟した道を説く人の話を、沢山聴きたいと想う。


|

« 幼児の「おじちゃん、バイバイ」、伸び伸びと生きるとは、 | Main | 憧れの道、祈りの道、圧倒的な光に包まれて、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 幼児の「おじちゃん、バイバイ」、伸び伸びと生きるとは、 | Main | 憧れの道、祈りの道、圧倒的な光に包まれて、 »