« 理想主義、現実主義の狭間で考えること、 | Main | ゼロからのスタートと想えば、 »

February 19, 2014

憧れの道、祈りの道、圧倒的な光に包まれて、

先日の住職から、修行の道の中の、祈りの道(バクテイーヨーガ)の法話を聴いた。その書き取ったメモの言葉だけを繋げても、その、圧倒的な光に包まれる。

神からの巨大な引力。 自分を忘れさせる程の憧れ。

蛇に噛まれても、最愛のものからの使者と感じる。

全てに慈悲を観る。

無我性を知った人は、差別を観ない。

矛盾を統一する力が愛。

矛盾がある人は、もう神の領域まで、手が届いている。

|

« 理想主義、現実主義の狭間で考えること、 | Main | ゼロからのスタートと想えば、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 理想主義、現実主義の狭間で考えること、 | Main | ゼロからのスタートと想えば、 »