« マルコポーロ老師、 三輪・平等寺、16年の托鉢、 | Main | 万直し旅館、奈良・三輪 »

January 18, 2014

慶田寺・故丸山英智老師ゆかりの"南部牛追い歌""新相馬節"

住職の親友の様な兄弟弟子、三輪・平等寺の丸子孝法老師がまだ若い頃、1975年、慶田寺の丸山英智老師が亡くなる1週間前にお会いになった時、丸子老師に、"南部牛追い歌"を歌ってくれと頼まれ、歌ったとおっしゃった。

丸子老師は、お母様が岩手出身で、子供の頃から、この南部牛追い歌には馴染んでいたとのこと。故・丸山老師のリクエスト通りに南部牛追い歌を歌ってあげましたと、想い出話をお聞きした。そして、丸山老師は"新相馬節"を丸子老師に歌ってあげられたとのこと。

住職が、筋金入りの声で、南部牛追い歌を時々歌ってくださるが、この歌は、兄弟弟子の丸子老師からの影響であったことを知った。 丸山老師が亡くなる時は、台湾に太極拳で行っていた住職は、丸山老師が、亡くなる前に、南部牛追い歌を歌ってくれと頼まれたことは、初めて聞かれたエピソードでもあった。

私が時々カラオケで歌う"望郷酒場"には、途中・南部牛追い歌のメロデイーが少し入っている。

"南部牛追い歌"も"新相馬節"も私にとっては歌うことは難しいが、歌えるようになりたいと想う。

その時は、丸山老師も、丸子老師も、南部牛追い歌のメロデイーに乗って、心の中で合流出来ると想う。

|

« マルコポーロ老師、 三輪・平等寺、16年の托鉢、 | Main | 万直し旅館、奈良・三輪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マルコポーロ老師、 三輪・平等寺、16年の托鉢、 | Main | 万直し旅館、奈良・三輪 »