« 私にもオリンピックの励み、 | Main | 夫婦喧嘩が子育てに与える影響の記事、 »

January 28, 2014

四季の訪れ、四季との別れ、

昨日、今月で閉店する行きつけのジャズ喫茶に、名残惜しく、また訪れた。もう1回閉店までに来れるか、いよいよ、お別れの時を感じながら。店内の写真や、店内でジャズを聴く自分の記念写真も撮った。

他のお客さんも、名残惜しそうに、寂しい気持で、訪れていた。

その時、私は、モンゴルのパオ(テント)は、時折、豊かな牧草地を求めて、人々が移動しながら生きていることを想った。牧草が無くなって来たら、他の場所へ行き、また、牧草が豊かになったら帰って来れば好い。

調べてみると、モンゴルの遊牧の人達は、大体、四季に年4回くらい移動していることを知った。

別れは、四季の訪れ。

去り行くものへの惜別の情は、四季の訪れとして、感じれば好い。

冬との別れは春の訪れ、春との別れは夏の訪れ。そして季節は廻る。私は、その季節のどの位置に居ても好いと想う。

|

« 私にもオリンピックの励み、 | Main | 夫婦喧嘩が子育てに与える影響の記事、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 私にもオリンピックの励み、 | Main | 夫婦喧嘩が子育てに与える影響の記事、 »