« 桜は、光と水と土と、 | Main | 当事者ではなく、目撃者として人生を眺める »

January 21, 2014

執着しても好い道もある、

執着を捨てて解脱する道、禅の道、非なりの道。 難行道。

執着をしても解脱する道もある。ただ、その場合は最高のものにだけ執着が許される。是なりの道。それは祈りの道。真理にのみ執着しても好いと云う道。キリストや仏陀と云った具体的な神への執着ではなく、キリストや仏陀を超えた世界、宇宙意思、真理になら執着しても好いと云う道。

最高のものに執着したら、もうその途中のものは、執着はする必要も無くなる。(1月18日、住職の言葉)

解脱、悟りに至るには、執着を排除する道もあれば、執着を極める道もある。

執着しても、しなくても、自分にあった道を選べば好い。

文字や、経典に拘ってはならないことを想う。

|

« 桜は、光と水と土と、 | Main | 当事者ではなく、目撃者として人生を眺める »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 桜は、光と水と土と、 | Main | 当事者ではなく、目撃者として人生を眺める »