« "人間としてどう生きるのか"と云う誤解、 | Main | 安心して徘徊出来る街・大牟田市 »

December 15, 2013

足元で支える母、

寺院や教会も、お経や儀式も、一つの象徴である。その背後にあるものを知らせんが為の入り口である。

それ以上のものでも、それ以下のものでもない。 入り口に留まって、他と争っていてはならない。 行き付くところは、同じ真理なのだから。ヴィヴェカナンダ師の言葉を引用しながら、昨日の住職の法話。

"楽は崩壊することを知り、苦でも大丈夫の世界があった。"

"たとえ、無間地獄に堕ちても、足元に母が支えているのが見える。"

母は宇宙の象徴、真理の象徴。 もう、この言葉に、全てのことが込められていることを感じた。


|

« "人間としてどう生きるのか"と云う誤解、 | Main | 安心して徘徊出来る街・大牟田市 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "人間としてどう生きるのか"と云う誤解、 | Main | 安心して徘徊出来る街・大牟田市 »