« お笑い芸人と行く初島・時空の旅、 | Main | 無限との境界、みなとみらい駅壁面芸術の詩 »

November 19, 2013

「お父さん、行ってらっしゃい」と云う光景

昨日の朝、会社へ行く時、駅への小路の家の前に4歳くらいの女の子の声、「お父さん、行ってらっしゃい」。

お父さんは、ラフな格好だが、仕事に行く様子。家の前の道路を横切って、駅へ向うところだった。

女の子が玄関の外へ出て、お父さんに手を振っている。お母さんは、そばで女の子を見ている。

朝、8時過ぎの光景。

私は、その女の子の声が、心地よく耳に残ったまま駅へ歩く。そのお父さんは、家が見えなくなっても、家の方を振り返る。

ただ、それだけの光景との出会いが、昨日の私の心を和ませた。

街は、もうすぐ、クリスマスのイルミネーションの準備が始まる頃。

|

« お笑い芸人と行く初島・時空の旅、 | Main | 無限との境界、みなとみらい駅壁面芸術の詩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お笑い芸人と行く初島・時空の旅、 | Main | 無限との境界、みなとみらい駅壁面芸術の詩 »