« 敗北宣言の効用、 | Main | "地球に不時着"と考えてみる、 »

November 01, 2013

魔法をかけて、一度でいいから話をしてみたい、小6女児の詩

森琴音ちゃん(12才)は、3才の時、事故で心肺停止となった。一命は取りとめたが、低酸素症の重い後遺症で、下半身麻痺と、しゃべれなくなってしまった。 それまではよくしゃべる子だったとお父さん(35才)は云う。

その琴音ちゃんが最近書いた詩, 「私のねがい」。

「私はしゃべれない、歩けない。口がうまく動かない。手も足も自分が思った通りに動いてくれない。一番辛いのは、しゃべれないこと。云いたいことは、自分の中に沢山ある。でもうまく伝えることが出来ない。先生やお母さんに、文字盤を指で指しながら、ちょっとずつ文が出来あがって行く感じ。自分の云いたいことが、やっと言葉になって行く。

神様が、一日だけ魔法をかけて、しゃべれるようにしてくれたら・・・・、 家族といっぱいおしゃべりしたい。学校から帰る車を降りて、お母さんに、「ただいま!」って云う。 「私はしゃべれるよ!」って云う。お母さん、びっくりして腰を抜かすだろうな。 お父さんとお兄ちゃんに電話して、「琴音だよ、早く帰って来て♪」って云う。

二人も飛んで帰って来るかな。 家族がみんなそろったら、みんなでゲームしながらおしゃべりしたい。お母さんだけは、ゲームが下手やから負けるやろな。「まあ、まあ、元気を出して」って、私が云う。

魔法がとける前に、みんなに「おやすみ」って云う。 それでじゅうぶん。」

ただ、"おやすみ"と云う日常の言葉の中にも、こんなにも、人生を賭ける程の深い想いを入れることが出来たのかと、改めて気づかされ、何気ない日常の中にもさしていた光に気づく。

|

« 敗北宣言の効用、 | Main | "地球に不時着"と考えてみる、 »

Comments

凄い詩ですね。
今朝の私のモヤモヤしていた心が吹き飛びました。
書いてくださってありがとうございました。

Posted by: 有富邦子 | November 02, 2013 at 12:43 PM

有富さん、琴音ちゃんの詩の持つメッセージは、忘れていた光を感じさせる強烈なものですね。

コメント、ありがとうございました。

Posted by: life artist | November 03, 2013 at 06:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 敗北宣言の効用、 | Main | "地球に不時着"と考えてみる、 »