« 親子の愛は永遠、仏性に近い世界、 | Main | 港街、赤ちゃん、ジャズ 、響き合う人生のメロデイー »

October 27, 2013

想像する力に抱かれて、

台風、雨の後の、丘の上から見る街の清々しさ。雲は動かず、陽の光がさす早朝。小鳥の声は、いのちの声。

嵐があるから、また新鮮に生まれ代わる。夜があるから、この早朝の静けさも清々しさもある。

静かな清々しい朝に、人は、前夜の雨も嵐も想像することができる。静かな朝に、嵐の夜も想像することができる。

想像する力は、楽しかった想い出の場面を、今すぐ、脳裏に現実のように蘇らせることもできる。

想像する力に過去も現実も未来も区別は無い。想像する力には、距離など存在しない。

想像する力は神のような力と感じる。全ての安らぎのもと、万能の力。

私は、想像する力の恵みで、どのような状況になっても生きて行けるような気がする。

|

« 親子の愛は永遠、仏性に近い世界、 | Main | 港街、赤ちゃん、ジャズ 、響き合う人生のメロデイー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 親子の愛は永遠、仏性に近い世界、 | Main | 港街、赤ちゃん、ジャズ 、響き合う人生のメロデイー »