« お祭りの日の色々な気づき、"小さな驚き"に満ちて、 | Main | 太陽の光、深海の世界、そしてモグラ君、 »

October 09, 2013

同時に異次元を生きる、

衆生本来仏なり、一元世界では、自他一如、波は大海に於いて繋がっている。そんな安らぎを信じる生き方は、修行の果てに、見えて来るものだと想う。

人間の日常の生活は、五感六識に振りまわされて、好き嫌い、損得好し悪しに支配され、大海を忘れ波として、右往左往する。

それでも、その自分の波のわがまま振りを見て、異次元世界の大海にちょっと切り換える力がいつもあれば好いと想う。危ない時の、駈け込み寺が、一元世界。

同時に一元世界と云う、異次元世界を生きていると想えば、安心して、多少の五感六識の世界に振りまわされそうになっても大丈夫だと想う。

|

« お祭りの日の色々な気づき、"小さな驚き"に満ちて、 | Main | 太陽の光、深海の世界、そしてモグラ君、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お祭りの日の色々な気づき、"小さな驚き"に満ちて、 | Main | 太陽の光、深海の世界、そしてモグラ君、 »