« 詩人・塔和子さんの追悼記念イヴェント | Main | 入り口は修行、出口は委ねるだけの世界、 »

October 05, 2013

長野・平谷村の写真を妹・弟に送る、

私の母の人生で大切な時期だった満洲時代の前夫の故郷、長野県・平谷村の写真を、妹や弟に送った。

私は、長男。 何か、長男の自覚を感じて、嬉しい。

満洲の会にも、妹や弟の参加を誘った。

満洲の雰囲気を、満洲の会の人達が生きている間、感じることが出来る。

先日、満洲の会の長老の男性が85歳で亡くなられた。親分肌で、会の冒頭の挨拶などで、「皆さん、私に挨拶なしに死ぬなよ」と、冗談を云っておられた姿も、何度も、親しく、語りあったことも想い出す。

今日は横浜も雨、長野県・平谷村も山々が小雨に煙っていることだろう。

|

« 詩人・塔和子さんの追悼記念イヴェント | Main | 入り口は修行、出口は委ねるだけの世界、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 詩人・塔和子さんの追悼記念イヴェント | Main | 入り口は修行、出口は委ねるだけの世界、 »