« 始まりも終わりも無い世界、 | Main | どう生きるか? »

October 23, 2013

"千の風"として生きる、

自分の不幸・不遇にさえも感謝し、全てを手放した時のことを想像してみると、まるで死ぬ瞬間のようにも感じる。

力が抜けて、"千の風"になったような安らぎ。

死ななくても、"千の風"のように生きることが出来る。

誰にでも、何処へでも飛んで行ける。

|

« 始まりも終わりも無い世界、 | Main | どう生きるか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 始まりも終わりも無い世界、 | Main | どう生きるか? »