« 入り口は修行、出口は委ねるだけの世界、 | Main | お祭りの日の色々な気づき、"小さな驚き"に満ちて、 »

October 07, 2013

月曜日の朝、お祭りの日と変わらず、

今朝、曇り空でも、朝はやっぱり気持好い。

今朝は、何故か、2002年に会社を希望退職した時の解放感を想い出した。

解き放たれて、自由の有り難さが圧倒的で、ふんわりとした雲の上で、休息しているような感じだった。さぁー、今日は、どのペンデイング事項を片付けようかと、今まで忙しくて後回しにして来た数々のことを、一つ一つ着手して行った。もう一度、大学生活に返ったような、当時の下宿でまた目覚めたような、朝の新鮮さも、時折感じる。

自由になっても、問題は山積していることにも、結局は気づくが、それでも、何か、違う。 忙しさに流されて、洗濯機の中に放り込まれた蟻んこのように、渦潮に撒き込まれて生きているのとは全然違う。

人生の問題の数々でさえも愛おしく感じる。 自分の立ち位置を確かめて、空から自分を俯瞰して、そして、ゆっくりと、今を味わって生きて行く。

昨日は、東京・日比谷公園ではWorld Festaと云うお祭り、横浜・野毛では、秋の大道芸大会が行われていた。

今日は、サラリーマンなら憂鬱な月曜日、でも今の私にとっては、多少仕事が多い日でも、お祭りを見に行くのと大差ない。ただ淡々と、選ぶことなく、色んな出来事が、愛おしく感じられる。

|

« 入り口は修行、出口は委ねるだけの世界、 | Main | お祭りの日の色々な気づき、"小さな驚き"に満ちて、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 入り口は修行、出口は委ねるだけの世界、 | Main | お祭りの日の色々な気づき、"小さな驚き"に満ちて、 »