« 汚れようの無い新らしさ、年をとること、 | Main | 自分が法隆寺になればよい、 »

September 10, 2013

「無名を以て名とす、 これを大極と云う、」

名称と形態ある世界をカルマ(業)の世界と云う。

印象、気分がカルマ(業)の本質。 印象、気分の集合体が「我」。

名称と形態が消えた世界に、「我」は無い。

太極拳の大家たる住職が、一昨日の気功の指導の時、「無名を以て名とす、 これが大極」とおっしゃった。

宇宙一杯に広がるエネルギー。 「我」なき世界の調和。


|

« 汚れようの無い新らしさ、年をとること、 | Main | 自分が法隆寺になればよい、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 汚れようの無い新らしさ、年をとること、 | Main | 自分が法隆寺になればよい、 »