« 小柳ルミ子さんの母、娘への方言の語りかけ、 | Main | 子供時代を生き延びて、 生物界の話 »

September 04, 2013

5分間の運送屋さん見習い、

先日、朝、通勤途上、駅のそばのコンビニ八百屋さん"マイバスケット"に食材を運ぶトラックの運転手さんが、店の前の道路が狭く、近付けないので、遠くで車を停めて、2台の荷車を押して、箱に入った食材を運ぶ姿に出会った。

2台の荷車を1人で操るのは、かなりむつかしそうで、フラフラ蛇行しながらだったので、思わず、1台を私が持って、マイバスケットまで運んでやった。

距離にして50メートルくらい、5分くらいの出来事。通勤姿で、運送屋さんに変身して、荷車を押した。

運送屋さんは、30代後半くらいの男性だったが、大変助かったような様子だった。

5分間くらいの運送屋さん体験、一日が、新鮮に始まるような気がした。

|

« 小柳ルミ子さんの母、娘への方言の語りかけ、 | Main | 子供時代を生き延びて、 生物界の話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 小柳ルミ子さんの母、娘への方言の語りかけ、 | Main | 子供時代を生き延びて、 生物界の話 »