« 魚の時価、自分の時価、 | Main | 「無名を以て名とす、 これを大極と云う、」 »

September 09, 2013

汚れようの無い新らしさ、年をとること、

過去も現在も無い。 過去も未来も誤解です。

では、何も無いのか? 「今」はある。 それは、留まった「今」ではない。

「今」は、止まっていない。 いつも新しい自分。

薪は灰になるのではない。 そう見てしまうのが誤解。記憶・経験と云うカルマが、そう見させてしまう。

過去も未来も断たれている。

それを、道元禅師は、「春は花、夏ホトトギス、秋は月、冬幸冴えて涼しかりけり」と詠んだ。

汚れようのない新しい世界を知ること、それが年をとること。

一昨日の住職の言葉。

秋の早朝、ベランダへ出て、清々しい空気、川のように流れる「今」を感じる。 「行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず、」、鴨長明の言葉が、寂しさから生きる歓喜へ変わる。それは無常の背後の無我に気づくこと。

道元禅師の気配がする。

|

« 魚の時価、自分の時価、 | Main | 「無名を以て名とす、 これを大極と云う、」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 魚の時価、自分の時価、 | Main | 「無名を以て名とす、 これを大極と云う、」 »