« 子供時代を生き延びて、 生物界の話 | Main | 娘の幼児語の想い出、 »

September 06, 2013

BSE(狂牛病) , 鳥インフルエンザの意味、 そして戦争への考察へ

人は、決して戦わない相手には、どんどん自分の要求をエスカレートさせて、ひどい目に合せて行くことも多い。

弱い人、文句を云わない人、無抵抗な生き物は絶滅することもある。

牛は、美味しいから、人間の食料として育てられ、殺される。牛は人間には抵抗は出来ない。鳥も同じ、ニワトリは、アウシュビッツみたいな鳥小屋で一生を終わる。人間に抵抗など出来ない。

牛が自分で抵抗出来ない分、牛はBSE(狂牛病)で、人間に戦争を挑んだ。鳥が自分で抵抗出来ない分、鳥インフルエンザで、人間に戦争を挑んだ。

決して戦わない生き物にも、自然界は、行き過ぎた暴力に対しては、やりかえす術を与えてくれている。戦うのに反対している側が、肥大化した欲望の餌食になるのを見るのは辛い。

BSEも鳥インフルエンザも、自然界の救いの力なのだと想う。


|

« 子供時代を生き延びて、 生物界の話 | Main | 娘の幼児語の想い出、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子供時代を生き延びて、 生物界の話 | Main | 娘の幼児語の想い出、 »