« 「有ると無い」が無かった時代への旅、時空を越えて、 | Main | 小柳ルミ子さんの母、娘への方言の語りかけ、 »

September 02, 2013

蝉の暇乞い、2013年の夏、

先日、通勤途上、アブラ蝉が私の前に飛んで来て、私に留まりそうになって、私は咄嗟に身を翻した。弱ったアブラ蝉なので、その後、私の歩く地面のそばに落ちた。 鳴かないからメスの蝉。私は、蝉を拾い上げると、まだ、元気に足を動かしていた。

私の手を、よじ登ってみたり、私の手の平の上で遊んでいるようにも見えた。

私は、蝉の顔をよくみて、その目もよく見ていたら、何か、蝉が、「もうすぐ夏も終わり、私も逝かねばなりません。お世話になりました。」と、最後の別れの挨拶に、私に舞い降りて来たように想えた。

まるで、かぐや姫のような蝉。

その後、その蝉は、最後の力を振り絞って、道路脇の街路樹の3メートルくらいの高さのところまで飛んで、留まってくれた。

最後の、木に留まる蝉らしい姿を、私は、記念に何枚も写真に収めた。

蝉との別れ、2013年の夏。

|

« 「有ると無い」が無かった時代への旅、時空を越えて、 | Main | 小柳ルミ子さんの母、娘への方言の語りかけ、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「有ると無い」が無かった時代への旅、時空を越えて、 | Main | 小柳ルミ子さんの母、娘への方言の語りかけ、 »