« "ありがとう"と云う行き先、そして未来の人の先祖になる、 | Main | 身体と虚空世界、バランスの美、 »

August 11, 2013

歎異抄、親鸞上人からのメッセージ届く、

"南無阿弥陀仏"と云う浄土真宗のお経の響きは、昔から実家の祖父達が唱えていたので、慣れ親しんだ言葉だった。子供の頃、その言葉をからかったり、何の意味も、知らずに、知ろうともせずに生きて来た。

昨日住職に、南無(帰依する、お預けする)、阿弥陀(永遠と無限:時間と空間の超越)、仏(如来、真理)と解説して頂いた。意味は、"真理に委ねる"こと。一人格のことなど一切ない、宇宙一杯を表現する、まさに一元世界を唱えていたことがわかった。

親鸞の教えが異なって伝えられることを嘆いた書、"歎異抄"に親鸞の悟りの真髄が見事に表現されていると云う。

念仏は、行(修行)でもなく、善でもありません。(それは平常心の証)→ まさに禅と同じ。
念仏は、徹底した大いなる慈悲の心の実践。(自力門の限界に、圧倒的な力で、対抗する)

悪人こそ成仏出きると云う教えは、(悪の薦めではない)。悪人は、懺悔を通じて、エゴ性の放棄がし易いことを説いている言葉。 善人には、懺悔の心が起き難い。(懺悔なくしてエゴ性の放棄はない)。

親鸞は亡き父母の供養のために念仏したことは一度もないと歎異抄に書かれていると云う。これは、まさにエゴ性の放棄を説いている言葉であると、住職に解説して貰って、わかった。親鸞は、宇宙一杯を相手にして安らぎを見出したのだと思った。

念仏を唱えても、躍り上がるような喜びが湧いて来ないのは、親鸞も同じで、それは煩悩の故であると云う。煩悩があるから、早く往生したいと云う気が起こらない。それは阿弥陀仏の慈悲の心である。この世の縁が尽きた時、浄土に往生させて頂く。少しでも早く浄土に往生したいと思うのでしたら、煩悩がないのだろうかと疑わしく想う。(煩悩は即ち生きること)。

子供の頃聞いていた、田舎のお爺ちゃんが唱えていた「南無阿弥陀仏」の響きが、今、夏の蝉の声のように聞こえて来て、私を祝福し、私を導いていくれるように想う。

|

« "ありがとう"と云う行き先、そして未来の人の先祖になる、 | Main | 身体と虚空世界、バランスの美、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "ありがとう"と云う行き先、そして未来の人の先祖になる、 | Main | 身体と虚空世界、バランスの美、 »