« シッカロール、蚊帳、そんな子供時代の夏 | Main | 長岡から飛び立つフェニックス、人生の花火、 »

August 04, 2013

東京で、会社帰りの露天風呂の怪、

最近、私は、東京から横浜への会社帰りに、川崎・矢向で趣きのある露天風呂に入れることを知った。

それは、川崎から南武線の矢向で下車、住宅地の中に、ポツンと現れる温泉。

大きな味噌樽(直径2メートル)の浴槽もある。素朴な木造の建物、歩くとメキメキと音がする廊下、廊下にはホタルの飼育箱もある。 木造の大浴槽は、諏訪の祭りの御柱が持ち込まれて、威風がある。

露天風呂は、草木もあり、岩がごつごつとして、笠のついた素朴な電球の照明も心地好く抑えられ、山中の隠れ家にでもいるような気持になれる。

そんな、温泉・露天風呂に、会社帰りに寄れるとは、今でも、キツネにつままれたように不思議に想う。

(2013年8月2日の記)

|

« シッカロール、蚊帳、そんな子供時代の夏 | Main | 長岡から飛び立つフェニックス、人生の花火、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シッカロール、蚊帳、そんな子供時代の夏 | Main | 長岡から飛び立つフェニックス、人生の花火、 »