« 針仕事の新鮮さ、 | Main | 「有ると無い」が無かった時代への旅、時空を越えて、 »

August 31, 2013

輪廻転生の舞台裏、

怒りっぽい人は来世は修羅に、貪欲な人は餓鬼に、人は、また人間として生れて来ることは出来るのだろうかと心配になる。

五感六識の真只中に生きてる時は、輪廻転生は真実。

五感六識の世界を越えた人にとっては、無我の世界( 一元の世界)の中では、輪廻転生は迷信となる。

ここまでは、住職に教えて頂いた話。

そのあと、私の、お笑い系の脳が、あれこれ想像し始める。

五感六識の真只中で、また人間に生まれ変わりたいと願う時、大学入試など不謹慎に思い出す。

本来、ニワトリになるところ、補欠で人間に繰り上げとか? 。 あるいわ、選挙結果みたいに、ある人が人間になり損なったので、繰り上げ当選で人間に昇格したとか、想像し、笑いが込み上げる。

ある時は、輪廻転生を信じ、またあるときは、お笑いネタとして愉しむ。

|

« 針仕事の新鮮さ、 | Main | 「有ると無い」が無かった時代への旅、時空を越えて、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 針仕事の新鮮さ、 | Main | 「有ると無い」が無かった時代への旅、時空を越えて、 »