« 蝉たちとの交流、 | Main | 街の灯り、街の音、 »

August 16, 2013

6才の時の友達のお墓参り、私の娘の話、

1990年、娘が入学したアブダビ日本人小学校1年生の同級生で、娘と仲好しだった女の子が、湾岸戦争で日本に避難帰国中に、交通事故で亡くなった。 大変悲しい想い出だった。

現在、関西で働いている娘が、今、お盆休みで横浜に帰って来てる間に、その女の子のお墓参りに行くと云う。

その女の子のお墓には、大好きだったケロッピー(蛙)のキャラクターが彫ってあると聴いた。

活発で、とても可愛い、小学 1 年生の女の子だった。 授業参観日の様子なども想い出す。

ご両親が、同級生の仲良しの女の子の父親である私と会うと、想い出されて辛いだろうと想って、私は、帰国後は、お会いすることは無かった。

私は、娘が、お墓参りをすることを知って驚いた。 当時、6才だった二人のことを想った。

鎌倉にお墓があるのだと云う。 これから、私も、鎌倉を見る気持ちが、少し変わると想う。

|

« 蝉たちとの交流、 | Main | 街の灯り、街の音、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蝉たちとの交流、 | Main | 街の灯り、街の音、 »