« 「メール便」の響き、ギャグ脳を刺激される、 | Main | 鼻歌の効用、 »

July 27, 2013

「矢向・川崎、登戸・立川方面はお乗換です」、武蔵小杉の想い出

大学時代、川崎の"焼肉・大将軍"で約1カ月くらいアルバイトをしたことがある。 時間いっぱい、ビッシリ働かされ、調理場で皿洗いや、炭の世話などして、これが、まさにプロレタリアート体験かと思った。

川崎チネチッタに映画を見に行くと、近くに、今でも、焼肉・大将軍はあり、先日、繁々と表から店を眺めた。

日吉から、東横線で、武蔵小杉に来て、小杉から南武線で、川崎へ通った。

何故か、当時の駅のアナウンスを、今でも、懐かしく覚えている。

武蔵小杉を通ると、今でも、内心、小声で、「矢向・川崎、登戸・立川方面はお乗換です。」と云ってみて愉しむ。

意味のない、何気ない日常だった音。 それでも、人生のかけがえのないシーンだったことを想う。

(2013年7月25日の記)


|

« 「メール便」の響き、ギャグ脳を刺激される、 | Main | 鼻歌の効用、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「メール便」の響き、ギャグ脳を刺激される、 | Main | 鼻歌の効用、 »