« 温もりたなびいて、NHK小さな旅、茨城県・太子町・蛇穴村、 | Main | 新聞が子供新聞に思えて、 »

July 05, 2013

真田幸村的生き方、

真田幸村の戦いの凄さは、劣勢の戦いに、堂々と挑む強さ。権力や大勢力を、せせら笑う程の度胸と実力。

真田親子は、上田城で、二度に亘る、圧倒的勢力の徳川勢を破っている。

また、大阪冬の陣では、真田丸と云う大阪城外に築いた出城で、徳川勢を引き付け、惨々たる大打撃を与えている。

夏の陣では、堅い守りの家康の本陣を突破して、後一歩で家康の首をとるところまで追い込んでいる。

幸村が倒れる時、幸村は、亡き父に云う、「家康は誠に運の好い男にございまする。父上、これでよろしゅうございまするか」。

六文銭の旗印は三途の川の渡し賃とも云われる。戦場の、赤い真田の装束は、無敵だと思う。

私は、そんな生き方、そんな男でありたいと、心からそう憧れる。


|

« 温もりたなびいて、NHK小さな旅、茨城県・太子町・蛇穴村、 | Main | 新聞が子供新聞に思えて、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 温もりたなびいて、NHK小さな旅、茨城県・太子町・蛇穴村、 | Main | 新聞が子供新聞に思えて、 »