« ホタル祭りの後の静けさ、生き残りのホタル、神田川 | Main | 「文芸春秋」最新号、父への手紙、母への手紙、 »

June 12, 2013

どこからともなく、"夕焼けこやけ"のメロデイー

童謡に「♪夕やけこやけで日が暮れて、山のお寺の鐘がなる。お手手つないで皆帰ろ。カラスと一緒に帰りましょ。♪」

そう云えば、このメロデイーが、外のどこかの拡声器から、私の勤務する愛宕のOffice にも、毎日、夕方5時に聴こえて来る。

どこから聴こえて来るのか、Officeの女性に聴いてみたら、港区役所からですよと云う。近所の学校からではなく、役所からとは粋だなーと感心した。まるで田舎の村役場だなーと、都心にいるのを忘れる。 時折、西の空には、夕焼けの富士も見える。

「♪子供が帰ったあとからは、まあるい大きなお月様。小鳥が夢を見る頃は、空にはきらきら銀の星♪」

私が退社した後、高層ビルのOffice にも、キラキラ銀の星か。

そうだなー、そうだなーと、人生を想い直す。

|

« ホタル祭りの後の静けさ、生き残りのホタル、神田川 | Main | 「文芸春秋」最新号、父への手紙、母への手紙、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ホタル祭りの後の静けさ、生き残りのホタル、神田川 | Main | 「文芸春秋」最新号、父への手紙、母への手紙、 »