« 「面白うて、やがて悲しき鵜舟かな」芭蕉の句との出会い、 | Main | 朝の大手町、ボンヤリと心の旅景色、 »

June 26, 2013

もし犬猫だとしたら、今から一生が始まると考えても好し

犬は小型犬、中型犬の寿命が15年(大型犬は10年)、猫の寿命は15年くらいらしい。

もし、これから、私が15年生きるとしたら、犬・猫にとってみれば、全くの別の一生が始まることと同じ。

人間にとっても、これから生きる15年を、過去の延長の15年と考えず、全くの別人生が始まると思って生きる考えは心地よい。

前世からの修行の続きを、新たな今世で引き継いで行く。

今までの色々な試練や不幸は、全てが学びの素材だったことに気づく。

そして、新たな一日が、幕を開ける。

|

« 「面白うて、やがて悲しき鵜舟かな」芭蕉の句との出会い、 | Main | 朝の大手町、ボンヤリと心の旅景色、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「面白うて、やがて悲しき鵜舟かな」芭蕉の句との出会い、 | Main | 朝の大手町、ボンヤリと心の旅景色、 »