« 近所の小学校の運動会の放送、小鳥の声 : カメリンピックの記録 | Main | 紫陽花は友を送る花、 »

June 06, 2013

道元禅師の見たホタル、6月はホタルの季節、

昨日昼休み、会社のそばの愛宕・青松寺の前を通ると、いつものように、門に、道元禅師の歌が飾られていた。

今月は、「峰の色、谷の響きも、みなながら、我が釈迦牟尼の声と姿と」、

よく住職からも聴く、私も大好きな句。

道元禅師の"傘松道詠集"とインターネットで調べてみると、道元禅師が詠んだホタルの光景の句も出て来た。

「山の端の、ほのめくよひの、月影に、光も薄く、飛ぶホタルかな」。

今は6月、旅行ポスターのように、「そうだ、ホタルを見に行こう」という気持になる。

梅雨の季節、小雨に煙る林の中に、サラサラと流れる綺麗な小川、その周りに見付ける野生のホタル。

雨の鎌倉、雨の紫陽花、のように、小雨が似あうホタル。

始まったばかりの6月、野生のホタルの情報を追う。

|

« 近所の小学校の運動会の放送、小鳥の声 : カメリンピックの記録 | Main | 紫陽花は友を送る花、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 近所の小学校の運動会の放送、小鳥の声 : カメリンピックの記録 | Main | 紫陽花は友を送る花、 »