« 豪勢な命の使い方、と云う表現、 | Main | 伊東の大海原、大自然の美術館、私も絵画の中に、 »

May 05, 2013

富を持たない誓願、分かち合う誓願、

世界に一定の富がある。その富を、皆、我先に得ようと思って頑張る姿は当たり前だが、何か動物的で安らげない。

自分が得た分は、誰かが得れない。富を巨大に集めて"人生の夢"と称して喜ぶ人も多い。

他人と差をつけて喜ぶ幸せは、いずれ、空しさ、孤独感を醸成すると想う。スラム街に、高級車で乗り付けて安らぐだろうか。

富を持たないという誓願があってもおかしくない。それは、分かち合う誓願。そこには、どこかで、誰かが助かっているという喜びがある。

(2013年5月4日の記)


|

« 豪勢な命の使い方、と云う表現、 | Main | 伊東の大海原、大自然の美術館、私も絵画の中に、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 豪勢な命の使い方、と云う表現、 | Main | 伊東の大海原、大自然の美術館、私も絵画の中に、 »