« 人々の仏性の光の隠れ度合いを見る生き方、 | Main | Leaving London tonight for Tokyo »

May 17, 2013

母との時間、父との時間、何と短かったことかと想う

考えてみれば、人生の中で、母との時間、父との時間とか、計ってみると、大変短い時間であることに気づく。

それなのに、人生の中では、とても大きな存在感のある時間だと想う。

ちょっとした時間でも、忘れ得ぬ、それはそれは濃厚な時間だったのだと想う。

そんな時の中に、それぞれの人の、沢山の"心の遺産"が刻まれている。

(2013年5月11日の記)


|

« 人々の仏性の光の隠れ度合いを見る生き方、 | Main | Leaving London tonight for Tokyo »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人々の仏性の光の隠れ度合いを見る生き方、 | Main | Leaving London tonight for Tokyo »