« 亡くなった姉の友人から聴く姉の様子、高校の大同窓会にて、 | Main | 戦国時代に生きているような母子の姿、放置できない情景、 »

May 27, 2013

「仏性に照らす」、ことごとく悪化しても、やるべきことはある、

昨日は、何か予期せぬ難問が、身の周りに、次々と生じた日だった。

私の周りの色々なものごとが、思い通りに展開しないのだ。私が、気づかない間に、ことごとく、事態が悪化している面に気づき、当惑した。

それでも、仏性に照らせば、全てが方便となると想い、予期せぬ展開も学びの材料にしようと想った。

"仏性に照らす"ことさえ、忘れなければ、大丈夫だと想った。

昨日は、朝から鎌倉へ、薩摩琵琶の演奏を聴きに出掛けた。極楽寺そばの成就院のある丘の上から、由比ガ浜の光景を一望し、もう鎌倉に紫陽花の季節が到来していることを知った。

「問題は解決するためにあるのではない、学ぶためにある」、問題の持つメッセージをあれこれ考える。

|

« 亡くなった姉の友人から聴く姉の様子、高校の大同窓会にて、 | Main | 戦国時代に生きているような母子の姿、放置できない情景、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 亡くなった姉の友人から聴く姉の様子、高校の大同窓会にて、 | Main | 戦国時代に生きているような母子の姿、放置できない情景、 »