« 星を見る力、 | Main | 湯布院の生き方の学び、TPP交渉勉強会にて、 »

May 21, 2013

極端ではない煩悩と共に、

華やかな自由な国、アメリカにも、入植時のインデアンの撲滅政策、長い黒人奴隷の歴史など、おぞましい過去があることを、不図感じることがある。

スペインにもインカ帝国への略奪・野蛮な侵略の歴史がある。日本にも、国内ではアイヌの人への野蛮な侵略の歴史、秀吉が作り上げた部落のおぞましい歴史もある。全て、人が成すこと、人間の業の成すわざ。

強烈な作用は、強烈な反作用を生む。私はそんな目で、社会も人生も見つめる。

加害者が辿る道、傲慢・無関心・懺悔などであろうか。

また被害者として辿る道、怒り・諦め・許しなどであろうか。

人間は、五感六識で感じる煩悩で生きてる以上、気づかない内に加害者にもなり、被害者にもなっていると思う。それが穏やかなレベルなら、好い。

極端な煩悩は、極端な反作用を生む。

煩悩に動かされながらも、煩悩を操り、仏性の前で遊べれば、最高の人生ではないかと憧れる。


|

« 星を見る力、 | Main | 湯布院の生き方の学び、TPP交渉勉強会にて、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 星を見る力、 | Main | 湯布院の生き方の学び、TPP交渉勉強会にて、 »