« 100才の大学生、意地と優しさと、 | Main | 日々は小さな不幸だらけ、大きな幸せに気づかず、 »

April 11, 2013

路上の猫の、朝夕の挨拶に感動、

昨日の朝、8時くらい、会社へ行く時、自宅近くの道の脇に猫がいて、歩いている私に近づいて来て、小さく"ニヤアーオ"と猫語で、私に声をかけて来た。

私は、人間語の日本語で、「どうしたの?」と云って、手を差し延べてみた。

何も、食物を出してもいない私に、猫は、「あっそう」と、失望したかのように、そっぽを向いて、離れて行った。

そして、昨日の夜、飲んで帰る23時くらいの、自宅そばで、また、"ニヤーオ"と、同じ猫が挨拶して近づいて来た。

朝、出掛ける時に、挨拶してくれて、帰って来る時にもまた、挨拶してくれて、私の日々生活にはあり得ない、暖か過ぎる場面だった。

道路で見掛ける猫が、朝夕挨拶してくれて、そんなことまでしてくれて、そんな人生のメルヘン振りに感動。

|

« 100才の大学生、意地と優しさと、 | Main | 日々は小さな不幸だらけ、大きな幸せに気づかず、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 100才の大学生、意地と優しさと、 | Main | 日々は小さな不幸だらけ、大きな幸せに気づかず、 »